冬場のダイエット運動の注意点

冬はどうしても外に出るのが面倒臭くなり、身体の方も体温を保とうと皮下脂肪を蓄えやすくなるので「冬太り」という現象が起こりやすくなります。そんなとき「ウォーキングやジョギングで体脂肪を燃焼させてダイエットをしよう!」と決意することはとても立派だと思いますが、寒い時季に屋外で運動するとは危険な場合があることを知っておいて下さい。

冷たい水の中で泳ぐと心臓麻痺を起こすというのはよく聞く話です。冷たいものに触れると指先の感覚がなくなるように、人体の組織は最適な温度を大きく外れると動きが鈍くなったり、ひどい場合は麻痺することがあります。寒い場所で運動をすると、手足などで冷やされた血液が心臓にたくさん流れ込むことになり、これが心臓に大きな負担を与えて麻痺を引き起こすわけです。血液の流れに関係しているわけですから、激しい運動をすればするほど危険は増すことになります。体温の低下が心臓に悪いのなら、部屋の中でしっかり身体を温めてから外に出れば大丈夫と思う人もいるかもしれません。

しかし、温度の急激な変化もまた身体に大きな負担をかけるので要注意です。人間の血管は、体温調節のために外気温を感知して狭まったり広がったりする働きがあります。つまり、急激に温度が変わると、血管の太さが変わって流れる血液の量も変化するわけです。そして血液量の変化による血圧の急な変動が、心臓や脳の障害の原因になります。

初心者ほど身体が運動に慣れていないので、同じ状況でも身体にかかる負担は大きくなる傾向にあります。そもそも、ある程度身体を鍛えている人でも、冬場に運動する場合は注意が必要なのですから、全くと言っていいほど運動の習慣が無い人が、真冬にランニングを始めるなどいうのはまさに自殺行為と言えるでしょう。冬だからダイエットのための運動を一切行なわないのでは肥満街道まっしぐらになってしまいかねませんので、ここは安全対策を十分に行った上で運動をするのが賢い選択でしょう。”