お金がないという状況に陥らないように

お金は不思議なものです。給料日でお金が入ったと思うと、すぐになくなっていきます。

以前の私はまさにそのような状況でした。すぐにお金が無くなり「お金がない」というのが口癖でした。

ところが、あることを始めた途端にお金がないという状況に陥らなくなっただけでなく、お金が貯まるようになったのです。その3つのポイントを紹介します。

まず1つ目はカードを使わないということです。カードは便利で、しかも引き落としも後々です。その上、いくら使ったか目に見えないということでカードを使い始めるとついつい使いすぎてしまいます。

ポイントが貯まるから便利なのでは、と思う人もいるかもしれませんが、そのポイントのために無駄なものを買ってしまうこともあると思います。ですのでカードを使わないに越したことはありません。

2つ目はATMからお金をおろすのは月に1度だけということです。月にいくらお金を使うというのをあらかじめ決めておき、その分だけ月に1度だけATMからお金をおろします。すると、いくら使ったかが目に見えてわかります。あといくらしかないから、これやめておこうなどと自分の中で物欲を抑えることもできるようになります。そうすることで、お金の使い過ぎが防げるのです。

3つ目は月に1度のごほうびデーを作るということです。お金を使わないようにと工夫を始めると、時には楽しいこともお金がかかるからとあきらめることもあるかもしれません。たしかにそれはお金が貯まることにはつながりますが、そうなるとストレスがたまり、いつかそれが爆発した時に大きな衝動買いをしてしまうことにもつながりかねません。

だから私は月に1度は楽しいことをする日=ごほうびデーを作ることをおすすめします。この日ばかりはお金がかかることでもなんでもしていいのです。

これまで私がしたことは贅沢なディナーを食べる、エステにいくなどです。こうした日があると思うと、日々お金を使わないようにすることも苦になりません。


この3つのポイントを押さえて、お金がないということにならないようにしてもらえたらと思います。