貯めるのが面白くなりすぎて

お金を貯める。これにはおそらく、麻薬性があります。

少しずつ上がっていく預貯金残高。

ほんのわずかのオカネでもすかさず口座に入れるのが快感になりだしたら多分ある意味要注意。

きちんと使うべき時に使えるというセーブができているのなら構いません。

しかしながら使うべき時とわかりながら使えなかったらもうおそらくアウトです。

お金はなくちゃ生きてはいけません。

でも貯めるために生きているわけでもありません。

浮世の義理を果たす程度は使っていないとならない、それがお金。

それに使わないとさらに稼げないという現実もあります。

ちまちまと貯めるのが面白くなりすぎた、ある時。

知らぬ間に人間としてどうかな、というラインに達しつつあったようで。

真顔で「そんなに貧乏なんだ!」と言われる情けなさといったら。

何事もほどほどてのは大事です。

あんまり何も考えず普通に使っても大丈夫なくらいなところまで貯まったら、

安心して丸一日、のんびりお買物しようと思っています。