お札について

お札とはいかにして生まれたのでしょうか?そしてどうしてここまで発展したのでしょうか?

大掛かりなお札の始まりは中国の北宋の時代と言われています。実はこの時四川地方の商人の間で貨幣として鉄を用いていました。しかもその鉄は剣の形をした非常に大きく重たいものでした。当然の事ながらこれは大きなデメリットでした。

 

そこで地域地域の商工会議所みたいな施設同士で「この者はうちに10個の鉄貨幣を預けてある。この証書を持っている者にその範囲内で貨幣を払い出してやってくれ」といったいわゆる信用取引をしたのが始まりです。簡単に言えば兌換紙幣の始まりでした。

お金は量が大きくなれば重く、運ぶのに苦労するというデメリットを解消する大きなメリットを持つものだったのです。