お金を手元に持っていないと不安です

昔はお金と言えば、現金しかありませんでした。

ところが今は、クレジットカードやICカードの中にもお金が存在するようになっているのです。

クレジットカードやICカードは、カードを提示するだけで、精算が済んでしまいます。

ですから便利さでは、現金よりも群を抜いています。

便利さゆえに、クレジットカードやICカードを使う人が急増しているのです。

しかしクレジットカードやICカードは、安全性の面では優れているとは言えません。

盗まれて使われてしまったら、多額の損失を被ることになってしまいます。

現金も盗まれたら損失が出ますが、盗まれた分だけの損失しか被りません。

その点では、クレジットカードやICカードよりも安全と言えます。

何より現金の方が、お金を持っているという安心感があるので、現金は手放せません。